結論から言えば、無職でも利用ができる消費者金融はありません。
それは正規の消費者金融ではなく闇金融です。
闇金融の場合、本人の返済能力はそれほど重要視されていることではありません。
なぜなら返済を待つのではなく、返済をさせる、それだけの強硬な手段を講じてくるからです。
ドキュメンタリーでも見たことがあるのではないでしょうか。
怒鳴りつけるような取り立ての電話、勤務先や自宅へ押しかけられ大声で取り立てをされる。
そうなると返済額を用意できなかったとしても用意しなければなりません。
返済を待つのではなく返済をさせるというのはこのようなやり方をしているからです。
インターネットを使っても闇金融は勧誘をしています。
引っ掛かることのないように大手から選ぶようにしましょう。

自宅への郵送物を防ぎたい、消費者金融を利用するときには考えることでしょう。
消費者金融に申し込みをするときにはカードの郵送や契約書の郵送、それらには充分に気をつけることでしょう。
ところが利用中には油断をするものです。
貸金業法で消費者金融を利用した時には明細書を発行しなければならないという法律があります。
インターネットなど便利なキャッシング方法はありますが、その時には利用明細書が自宅に郵送されることになります。
申し込み時にそれほど慎重になりながら思いがけないことに驚くかもしれません。
プロミスなら自宅への郵送ではなく、インターネットの会員サービス内にあるWEB明細を選択することができます。
自宅への郵送物もなく利用することができます。

申込者本人であることを確認するために消費者金融の審査では本人確認書類が必要になります。
運転免許証の提示になりますが、持ち合わせていない場合には健康保険証やパスポートでの代用となります。
申込者個人が特定されることに不安を感じるかもしれません
しかし、申し込みをする以上こちらの身分を明かさなければならないのは当然のことです。
消費者金融を利用すると個人信用情報機関に情報が提供されています。
個人信用情報機関には本人識別情報だけではなく利用情報、返済状況、契約情報などが保管されています。
また新たに消費者金融などの債務を利用するときには今回の債務情報が照会され審査に役立てられます。
本人確認書類を提出する、それは今の時代において個人を特定する重要な情報源です。

申込書に記入した勤務先、勤務先電話番号に消費者金融から在籍確認の電話がかかります。
派遣で働いている場合、どこに在籍確認の電話がかかるのでしょうか。
その場合でも申込書に記入した勤務先と勤務先電話番号になるということを覚えておきましょう。
派遣の場合、給与の受取方法は派遣先からではなく派遣元からになるでしょう。
その場合には派遣元の勤務先名、勤務先電話番号を申込書に記入します。
なぜなら消費者金融が在籍確認を行う理由は、返済の確実性を確認するためです。
給与の支払いが行われる勤務先に勤めるのか、それを確認することが目的です。
派遣で働いている場合には、給与の支払先となる派遣元の住所と電話番号を記入しましょう。詳しくは:即日融資 ランキング

東京の消費者金融

2月 27th, 2015

東京の消費者金融に「東日本信販」という消費者金融があり、正式名称は「東日本信販株式会社」で東京都中央区銀座に本店があり、東京都内に4店舗有する消費者金融です。
東日本信販は昭和53年創業開始消費者金融業者で、債務整理など過去に金融事故を起こしている金融ブラックでも融資を受けられ、それらの融資実績は多数ありインターネットの口コミ情報では評判も良く、人気も高い正規の消費者金融業者です。
融資希望者が多くなるほどインターネットの口コミ情報も増えるので情報が多いということは評価が高いと見てもよいでしょう。

東日本信販の融資対象エリアは首都圏が中心で(栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県)融資エリアは関東一円と限定されていて、申込方法は店頭や電話での申し込みや、インターネットからの申込方がありますが、東日本信販は申込時の内容確認でかなり細かく聞かれることもあるようです。
東日本信販は自己破産をした人にも対応していますが、任意整理をした人への対応には特に力を入れているようですし、そのような人でも10万〜15万円までの可決の口コミ情報が多いのも特徴で、そのため金融ブラックの人に人気があります。
基本的に保証人は必要ありませんが信用状況によっては保証人が必要になることもありますが、金融ブラックのため。他社を申込んでも融資が受けられなかったという人にも審査が緩やかなので申込をしてみてはどうでしょうか。